K-BALLET Opto Petit_1.png
K-BALLET Opto Petit_2.png

K-BALLET OPTO(オプト)

“プティ・コレクション”

 

クラシックバレエ、モダンダンス、コンテンポラリーダンス。日本にはとくにはっきりとした垣根があるような気がします。クラシックバレエという型を破り、モダンダンスを開拓したアメリカの舞踏家Martha Graham(マーサ・グラハム/マーサ・グレアム)は女性でした。

英国ロイヤルバレエ団の元プリンシパルで、現代日本のクラシックバレエ界を牽引してるKバレエカンパニーの熊川哲也。振付けの才をモーリス・ベジャールに見出され日本初の欧米型公共劇場専属舞踏団を結成し、コンテンポラリーダンス世界を牽引しているノイズムの金森穣。クラシックバレエの世界からはじまり、名匠イリ・キリアン率いるオランダNDT(ネザーランドダンスシアター)の第一線で活躍し、世界中の著名な振付家の主要パートを踊ってきた渡辺レイ。この3人は共に20世紀最後のクラシックとコンテンポラリーの欧州世界を通り抜けてきました。彼女はクラシックとコンテンポラリー世界を繋ぎ止めるような形で、この新しく誕生したK-BALLET Optoの発起人でもあり舞台監督です。そして女性。

クラシックの世界に新たな光(オプト)を生み出し、ダンスを総合的に捉えること。マーサによって生み出された型破りな可能性が、クラシックとコンテンポラリーという分離ではなく、ここに新しい多様な融合を生むのではないかと、とても期待しています。そして今回、コンテンポラリーダンスと称される振付家達の作品を踊るのは、Kバレエのトップダンサー達です。

 

K-BALLET Opto プティ・コレクション

 

会場:神奈川芸術劇場 KAAT

公演日程:2022年9月30日(金)、10月1日(金)

主催:Bunkamura、K-BALLET

K-BALLET-Opto-Petit_3.png