nagai_20221122_1-2.png
nagai_20221122_2.png
nagai_20221122_3.png
nagai_20221122_6.png
nagai_20221122_4.png
nagai_20221122_5.png
nagai_20221122_7.png

永井農場

長野県東御市の永井農場は有機リサイクル農場や農業法人として次々と新しい試みに取り組み、この国では農業界の旗手のような存在です。お百姓さんでありながら、企業の顔としても成り立つようにと依頼があり、新しいシンボルマークが誕生しました。

永井農場さんのロゴを作成するにあたって、まずは「永井」を調べてみる事からはじめました。その字源(字統/白川静)によりますと「永」は水の流れを示すとあり「井」はいげたの形で水をせき止め区画し作物を育てるとありました。まるで申し示したかのような解説で、この名字をもつ永井さんが農場を営んでいるとはあまりにもできすぎなお話。吃驚興奮したのを今でも思い出します。「流れ」と「区画」から止まらずに連続して音符のように作物がうまれてくる、というイメージでデザインを進行させました。この1つのモジュールを上下左右に連ねる事で装飾タイルのように農地が広がっていきます。またコーポレート色を決めるにあたって、農場の周囲や作物には豊かな色彩世界が広がっていますので、あえて特別な色を指定せず、太陽の光からうまれる「影」である黒を基本としました。

nagai_20221122_8.png